AFP、CFP資格審査試験

ファイナンシャルプランナーとして大きな仕事を扱うには、民間の資格であるAFP、CFPの資格を取るという方法があります。
決して国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士を取得するだけがファイナンシャルプランナーとしての仕事をする手段では有りません。
ちなみに、AFPは『Affiliated Financial Planner』、CFPは『Certified Financial Planner』の略です。
これらの資格は国から認定されている訳ではありませんが、一定の保護下にはありますし、資格としては十分機能します。
AFP資格は、AFP資格審査試験を受け、合格する事でる事ができます。
ただ、近年は2級ファイナンシャルプランニング技能検定がAFP資格の試験を兼ねているので、通常は2級を受けた人がAFP認定研修を行い、AFPも取得しておく、という流れが一般的です。
ただ、AFP資格は、3級と同様、あまり重視されていないのが現状です。
一人前のファイナンシャルプランナーとして認知されるには、AFPの上位資格に当たるCFP資格を取る事が求められます。

CFP資格は、ちゃんと個別の学科試験があります。
試験内容は、『融資産運用設計』『不動産運用設計』『ライフプランニング・リタイアメントプランニング』『リスクと保険』『タックスプランニング』『相続・事業承継設計』の6つの分野からの出題となります。
一つの分野のみの受験も認められているので、全て受かる自信がない人は、特定の分野のみ受けて、他は次の機会に回すという手もあります。

CFP資格を持っている人は、1級ファイナンシャルプランニング技能士同様、優れたファイナンシャルプランナーという見方をされます。
ファイナンシャルプランナーを募集する企業も、多くは1級かCFP資格の所持者を募集しています。
そういった募集を勝ち取る為にも、しっかり勉強して、CFPの資格を取れるよう頑張りましょう。

FP資格試験合格への道 > FP技能検定 > 1級ファイナンシャルプランニング技能検定