企業系ファイナンシャルプランナー

銀行や郵便局、保険会社、証券会社といった金融機関に勤務し、その会社のプランの中で仕事を行うタイプのファイナンシャルプランナーのことを企業系ファイナンシャルプランナーといわれています。
企業系ファイナンシャルプランナーは、主に企業の営業を支える形の仕事が主な仕事としています。

例えば、保険会社の場合、「住宅ローンを組む際にどういったプランでローンを支払っていき、その中で理想的な生活をしていける資金を確保していくか」というのは、マイホームを夢見る顧客にとって非常に重要な事となります。
一大決心ともいえる夢に対し、しっかりアドバイスし、相談に乗るというのが、保険会社に所属しているファイナンシャルプランナーの役割です。
企業にとっても、ライフプラン設計の専門家がいるというのは、非常に営業に説得力が出てきますので、ファイナンシャルプランナーを雇用するメリットは大きい訳です。

このような企業系ファイナンシャルプランナーのメリットは、企業に属している事で発生する安心感です。
まず、仕事に困る可能性が低い事が挙げられますので、特に、ある程度名の通った企業であれば、大量の顧客を抱えていますので、仕事がないという時期はまずないと考えられます。
また、企業に属している事で、安定した収入が期待できます。
顧客に対しても、企業に属している事で安心感を与える事ができます。

自分の今後の人生設計を任せるのですから、ネームバリューを持った企業に属したファイナンシャルプランナーというだけで信用する人もいるくらいです。特に年配の方などはそのような傾向にあると思います。

そういった人達に対し、企業に属している場合は『ああ、この会社なら安心だ』と思わせる効果があります。
どれだけファイナンシャルプランナーとしての能力に長けていても、話に耳を傾けてもらえる環境がなければ、絵に描いた餅、宝の持ち腐れなのです。話を聞いてもらえる場所が無ければ、能力を発揮できないで終わってしまいます。

自身の所属している金融商品に限られた紹介しかできない分、幅は大きく狭まりますが、様々な人の相談を間断なく聞くことで、ファイナンシャルプランナーとしての力をアップさせる事も可能ですし、こういった経験は試験勉強や試験によって得られる物ではありません。
試験を受けた後、少しずつ身に付けていけば良いのです。

FP資格試験合格への道 > FPの概要 > 企業系ファイナンシャルプランナー