ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナーとは、「個人資産の運用、金融などに対し、総合的な面からのアドバイスを送る」という資格・職業です。そして、試験を受けてその資格を得た人、その職業に就いている人の事も指します。略称としてFPと呼ばれることもあります。

元々、ファイナンシャル若しくはフィナンシャルとも表記しますが『金融の』という意味で、プランナーとは、企画や計画を立て、支援を行う人の事を意味します。

ファイナンシャルプランナーは、顧客の収入や借り入れ、現在の資産、家族構成などといった情報を元に、住居の選択、教育方法、老後の生活などといったライフプランニングを作成し、それを実行する為の資金計画を行う職です。
つまりは、個人の人生に対し、どのような資産のやり繰りをすれば、望みどおりの、或いは理想に近いライフスタイルでその後の生活を送れるかという、将来的な展望を叶えて差し上げるという職業なのです。

【FPの流れ】
日本ではファイナンシャルプランナーが1987年頃認定され、社団法人金融財政事情研究会がFPセンターを設立し、現在のNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の前身である日本FP協会がCFP資格の試験、そしてAFP資格の試験を始めた事から、ファイナンスプランナーは市民権を獲得し、職業の一つとして認知されるようになりました。
今やファイナンシャル・プランニング技能士という国家資格もあり、非常に人気の高い職業となっています。

資産運用におけるファイナンシャルプランナーの役割

ファイナンシャルプランナーは、顧客の資産運用、金融商品を紹介する立場にあります。
すなわち、ファイナンシャルプランナーの役割とは、顧客の資産から、理想となるライフスタイルの実現可能へ向けて、資産運用や金融商品をどう活用すれば良いかという助言を行い、顧客が豊かな生活を送れるようにする事です。

特定の会社の金融商品を紹介する事で、その会社の広告塔になることがありますが、これはファイナンシャルプランナーの役割としては逸脱しています。
しかし、優良な資産運用、金融商品は限られていますので、それらが特定の会社に偏ってしまうのは、ある程度仕方のないこととも言えます。

顧客であるクライアントを満足させる為には、そういった特定の会社、特定のプランばかりを紹介するのも、一つの手法としてはありと言えます。
このあたりのさじ加減は、まだ職業として認定されてから歴史が浅い事もあり、しっかりしたビジネスモデルの確立にまでは至っていない事から、個人の裁量という事になっています。
どこまでがモラルに反する行為なのか、どこまでがOKなのかというのは、各FPが責任を持って判断する必要があるということです。

ファイナンシャルプランナーは、試験を受け、その試験に合格した人のみに与えられる資格です。
しかし、試験勉強だけでは学べない事もまた多いと言えます。

FP資格試験合格への道 > FPの概要 > ファイナンシャルプランナーとは