ファイナンシャルプランナー試験の難易度

ファイナンシャルプランナー資格取得の試験を受けるに当たって、気になるのはその合格率ではないでしょうか。
全体の受験者数とその内の合格者数は、試験の難易度を図る上で非常に参考になるデータかと思います。

3級FP技能検定

3級ファイナンシャルプランニング技能検定の合格率ですが、学科試験は67~92%と年度によってかなりバラつきがありますが、総じて高い合格率となっています。
90%を越えるとなると、自動車免許の学科試験とそれ程変わらない難易度と言えるでしょう。
実技試験に関しては、2004年の個人資産の試験に関してのみ極端に低い数字が出ていますが(29%)、それ以外は個人資産の試験が40~70、保険顧客の試験が60~90%となっています。
いずれも年度によって30%くらいの開きがあり、まだ試験の難易度自体安定しきれていないというのが実状のようです。
ただ、近年ではほぼ70%前後で固まりつつあるようですね。
つまり、受験者10人中7人が合格している事になります。
このデータを見る限り、3級ファイナンシャルプランニング技能検定は合格しやすい、難易度が低い試験だと言えます。

2級FP技能検定

2級ファイナンシャルプランニング技能検定の合格率は、3級と比較すると、当然ながら難易度が高くなっています。
よって、合格率もそれに応じて低くなっているようです。
特に学科試験はその傾向が顕著で、第一回の実施以降、20%前後という非常に低い合格率で推移しています。
つまり、5人に1人しか合格していないという事になります。
新司法試験の合格率が40%程度ですから、その難易度の高さが際立っている事がわかります。
一方、実技試験に関しては、第一回を除けばおよそ50%くらいで推移しています。
3級と比べたら難易度も上がっていますが、学科試験ほどの低い合格率というわけではないようです。

ファイナンシャルプランナーの学科試験

もっとも、3級FP技能検定を取ったからと言ってすぐに一人前のファイナンシャルプランナーになれる訳ではありません。
この3級は、2級以上の資格を得る為の踏み台と考えていた方が良いでしょう。

2級ファイナンシャルプランニング技能検定をパスする為には、学科試験をどうにかしないといけません。
学科試験の範囲自体は、1~3級で変わりはありません。
それでも3級から2級でこれだけ変わって来るという事は、急激に難易度が上がっている事を意味します。

FP資格試験合格への道 > FP試験のススメ > ファイナンシャルプランナー試験の難易度