ファイナンシャルプランナーの就職状況

ファイナンシャルプランナーはまだ一般的に浸透しているとまでは言えません。今までの資産運用は、定期預金や定額預金など貯金で増やしていくことが主流でしたが、現在は預金の利率が低すぎて資産の増加とならなくなって、外貨預金やIPO、FXなどを利用する方が増えてきています。
そこで、ここ数年でかなりファイナンシャルプランナーの資格取得者も増え、知名度は飛躍的に上昇していますが、これが普遍的な水準に至るまでにはもう少し時間がかかるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格を取った人が就職先として期待するのが、銀行、証券会社、郵便局、保険会社などでしょう。
そういった金融会社の営業には、現在ファイナンシャルプランナーの肩書きを求めるところが急速に増えています。
例え即戦力として期待されていなくても、既に資格を持っているというのは有利に働くと言えます。

ただ、その一方で、この資格があるから確実に入社できる、というほどの効力はないとも言わざるを得ません。
会社によっては、資格の有無を選定条件に設けていないところもあります。簡単に言えば、必要な時に取って貰えば良い、くらいの認識という事です。
もちろん、持っておいて損はありませんが、資格があることが有利に働かない場合もあるということです。

とは言え、まず企業に入社し、その後に独立を目指すという人は、早い内に資格を手に入れていた方が良いでしょう。
実戦経験は、積めば積むほど後々有利になりまし、好機会を損失しない為にも、できるだけ早く取っておきましょう。

FP資格試験合格への道 > FPの就職 > ファイナンシャルプランナーの就職状況