ファイナンシャルプランナーの試験

ファイナンシャルプランナーの試験には、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士になる為のファイナンシャルプランニング技能検定、民間資格であるCFP資格審査試験があります。
ファイナンシャルプランニング技能検定については、1級、2級、3級の3ランクが存在しています。
それに、2級ファイナンシャルプランニング技能検定は、民間資格のAFP資格審査試験も兼ねています。
よって、AFP資格を得ようとする場合は、2級ファイナンシャルプランニング技能検定を受ける事になります。

ファイナンシャルプランニング技能検定を実施している団体は、金融財政事情研究会と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の二つあります。
国からファイナンシャル・プランニング技能検定指定試験機関の指定を受けているので、どちらが本物、どちらが偽物という事はありません。
ただ、試験内容、受験料、受験資格、試験日などはそれぞれ異なるので、注意が必要です。
なお、CFP資格審査試験は日本ファイナンシャル・プランナーズ協会のみ、3級ファイナンシャルプランニング技能検定は金融財政事情研究会のみが実施しています。

ファイナンシャルプランナーの試験は、その試験内容以外にも様々な決まりごとがあります。
いざ受験となった際に、試験内容以外の事で困ったり頭を悩ませたりしないように、しっかり事前に確認しておく必要があります。

FP資格試験合格への道 > FP試験のススメ > ファイナンシャルプランナーの試験