1級ファイナンシャルプランニング技能検定

1級ファイナンシャルプランニング技能検定の資格を取得することはファイナンシャルプランナーとして一人前の証であると共に、ファイナンシャルプランナー国家試験の到達点となっています。
その難易度たるや、2級の比ではありません。
学科試験で合格する確率は、高い年でも2割に届かず、低い年になると3%程度です。
その一方で、実技試験は非常に合格率が高く、8割以上となっています。

これは、まだ試験が確立して日が浅いという事を意味しています。
いずれは均等になるのでしょうが、現状では学科試験の難易度の高さが際立っています。

1級ともなると、受験資格もかなり厳しくなっております。
2級の試験に合格し、尚且つファイナンシャルプランナーとしての1年以上の実務が必要になります。
他の受験資格としては、5年以上実務を経験している人、厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、尚且つ1年以上の実務経験がある人となっています。
つまり、最低でも1年間は実務を行っていなければなりません。
既にプロと呼ばれている段階でなければ、受験資格はないということです。

近年では、ファイナンシャルプランナーの地位はかなり上がってきており、不動産や保険の会社には欠かすことのできない人材となりつつあります。
その一方で、認知度が増していると共に、厳しい目で見られることになります。
例え2級を持っていても、あまり良い顔をされない事もあるくらいです。もちろん、1級ならばそのような事はありません。それだけでも、1級の資格には大きな意味があります。
ファイナンシャルプランナーは、安心を提供する職業なのですから。

FP資格試験合格への道 > FP技能検定 > 1級ファイナンシャルプランニング技能検定