ファイナンシャルプランナーの求人

ファイナンシャルプランナーは、資格を取得したからといって、すぐに仕事をもらえるという類のものではありません。
どの資格も取得したからといって、「資格取得=就職」が図式が成り立つ資格は少ないと思います。

晴れてファイナンシャルプランナーの資格を得たならば、まず自分がどういったファイナンシャルプランナーとして活動していくかを考える必要があります。
ただ、例え事務所を起こすにしても、まずは実戦経験を積まなければコンサルタントやアドバイザーとして成功への道は開かれていきません。
大抵の人は、何処かの企業に入社する事を選択することになるかと思いますが、その際、求人情報を閲覧するなどといったことをする方が多いと思います。

ファイナンシャルプランナーの求人は、近年ようやく増えてきました。
ファイナンシャルプランナーの肩書きを求める金融会社が増えてきているのです。
ただ、企業が求める肩書きは、「FP技能士1級」であったり、「AFP、CFP両方持っていなければダメ」など、かなりハードルが高い場合が多いようです。

それ以上にハードルが高いのが年齢です。
求人を出している企業のほとんどが、25~39歳を対象にしています。
ファイナンシャルプランナーの求人に限らず、40代となるとその需要がかなり減ってしまうというのが実状です。

ファイナンシャルプランナーを求める企業は、不動産関係が圧倒的に多いようですし、次いで保険、住宅建築といった感じです。
ライフプランに密接に関わる職種の企業が、ファイナンシャルプランナーを求めているという事です。

FP資格試験合格への道 > FPの就職 > ファイナンシャルプランナーの求人