2級ファイナンシャルプランニング技能検定

2級ファイナンシャルプランニング技能検定は、3級の試験では金融財政事情研究会(きんざい)のみが実施していたのに対し、2級はきんざいと日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の二つの団体が実施します。
よって、申し込みは日本ファイナンシャル・プランナーズ協会のHPからも行えますが、試験日は双方とも同じ日なので、掛け持ちはできません。

2級の場合、受験料もかわります。
学科は4,200円、実技は4,500円ですが、今一度確認してください。

特に学科試験は顕著に難易度が急激に上がっていますが、学科試験の試験範囲が特別広くなるという事はなく、範囲自体は1~3級とも同じです。

しかし、実技試験は大きく変化しています。
3級では『個人資産相談業務』『生保顧客資産相談業務』のどちらかを選択する格好でしたが、2級だとこれが5択になります。
『個人資産相談業務』『中小事業主資産相談業務』『生保顧客資産相談業務』『損保顧客資産相談業務』『資産設計提案業務』の中から、一つの分野を選択するわけです。
3級は平均して7割は合格できるのに対し、2級の場合は学科2割、実技4割程度の合格率になってしまいます。それで難易度が上がる訳ですから、相当な勉強が必要になります。

ファイナンシャルプランナーとして仕事をする上で、2級という資格は最低条件といわれています。
2級に合格して、初めてファイナンシャルプランナーと名乗れる、といったところでしょう。

FP資格試験合格への道 > FP技能検定 > 2級ファイナンシャルプランニング技能検定