3級ファイナンシャルプランニング技能検定

ファイナンシャルプランナーになる為の最初の登竜門といえるのが、『3級ファイナンシャルプランニング技能検定』です。
この試験を受けて合格する事で、ようやくファイナンシャルプランナーとしてのスタートラインに立つ事ができます。

この試験で取得できる3級ファイナンシャルプランニング技能士の資格は、2級の試験を受ける為の条件の一つになっているので、ある程度知識がある人も、そうでない人も、まずこの3級ファイナンシャルプランニング技能検定に合格する事を目標に設定するケースが多いですね。

3級ファイナンシャルプランニング技能検定は、金融財政事情研究会、愛称『きんざい』のみが実施している試験です。
その為、3級を受ける場合は、きんざいの試験のみが対象となります。
試験会場などを確認する時も、きんざいのHPなどで確認する必要があります。

3級ファイナンシャルプランニング技能検定には、学科と実技の二つの試験があります。
それぞれ6割以上の正解が合格の条件です。
なお、どちらかに合格し、どちらかが不合格だった場合、合格だった文の試験は次の試験~2年後までは、その試験は免除となります。

3級ファイナンシャルプランニング技能検定は、あらゆるファイナンシャルプランナーの試験の中で最も簡単な試験です。
それでも、合格率は7割程度と言われています。
簡単だと気を抜かず、しっかり基礎力を固めてから受験するようにしましょう。

3級FP技能検定の意義

3級の資格を持っているからといって、すぐに一人前のファイナンシャルプランナーとして扱われるというわけではありません。
3級は、基本的には2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得する為のステップです。
その資格自体には、それほど大きな効能があるわけではありません。

また、2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取るにしても、3級を必ずしも取得している必要はありません。
実務経験が2年以上あれば、それで試験を受ける資格は発生します。

3級FP技能検定の勉強

3級ファイナンシャルプランニング技能検定の試験内容は、基礎的なものです。

学科試験は、『ライフプランニングと資金計画』『リスク管理』『金融資産運用』『タックスプランニング』『不動産』『相続・事業承継』の6つの分野のから、ファイナンシャルプランナーとして仕事をする為に最低知っておく必要のある問題が60問出され、出題形式はマークシートです。

実技試験は、『個人資産相談業務』『保険顧客資産相談業務』の二つの分野から一つを選び、その一つから5問出題されます。実技試験と言っても、実際に業務を行うのではなく、筆記試験です。
こちらはマークシートではなく、実際に文字で記載します。

3級ファイナンシャルプランナー試験に合格するには、まず地道に勉強し、基礎力を付けることです。
予備校や専門学校に通っている人ならば、指示通りの勉強をしておけば自然に身に付きます。
通信講座にしても同様です。
独学で問題集や参考書を使って勉強している人でも、真面目に取り組んでいれば、数ヶ月と言わず、一月くらいで身に付くでしょう。

FP資格試験合格への道 > FP技能検定 > 3級ファイナンシャルプランニング技能検定