ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナー主な仕事内容は、基本的には顧客のライフプランを達成する為に必要な資産設計を作成する事となります。
仕事をする為には、まず顧客を獲得しなければスタートすることが出来ないのです。
顧客を確保するためには、銀行や郵便局、保険会社、証券会社といった金融機関に勤務し、その会社のプランの中で仕事を行うという方法と、事務所を設立し、独立した営業を行う方法の2つの方法があります。

どちらも同じ仕事をこなしていくのですが、前者は安定した仕事が望め、後者はより大きな報酬を得られるというそれぞれの特徴があります。このことを踏まえて、自分の進む方向を決めて進まなくてはなりません。

顧客を得る環境が整うと同時に顧客へのアピールが必要となりますので、出来るだけ早く扱う金融商品をしっかり理解し、合理的な説明ができるように準備する必要があります。有料でアドバイスを送る以上、その理論、理由付けは完璧でなければ、決して顧客を満足させ資金運用を任せてはくれないでしょう。自分が立てた資金運用計画がどのように経過していくか実際見ないと信じてもくれないこともありますので、営業プランをしっかり立てる必要もあります。

準備段階が終わったら、いよいよ顧客に対してのサービスを開始する事になります。
まず、顧客の資産状況と希望するライフプランを綿密に聞き、それにはどれくらい資産を増やす必要があるのかを算出する必要があります。
その為にはどういった資産運用を行う必要があるか、どういった課題があるかを把握し、戦略を練ります。
そうやってプランを練り上げ、それを顧客が満足行く形で伝えるのが、ファイナンシャルプランナーの仕事内容となります。

こういったものは、試験勉強や試験そのものでは中々学ぶ事ができませんし、実際に業務に就く事で得るものです。
試験勉強で頭を大きくしすぎて失敗する事もありますが、失敗から学んでいく事も多いので経験をつむことも大事なことです。

ファイナンシャルプランナーの将来性

日本ではファイナンシャルプランナーの認知度はまだまだ高いとまでは言えず、数年前までは試験を受けに来る人も少なかったくらいです。それは、認定されてから日の浅い職業だからでしょう。
しかし、ここ数年でかなり事情が変わってきており、その背景には、銀行預金の利率が極端に低いことや老後の不安などから、資産運用のムーブメントが大きく影響しています。
現在、日本では資産運用を行う人が急増しています。特に、FXなどの外資を扱う資産運用に人気が集まっています。
そうなると、知識のない人が資産運用をしようとすると、金融商品に対してのアドバイスにも必然的に需要が集まります。そこで、ファイナンシャルプランナーの出番というわけです。
資産運用に失敗することによって、自分の資産が減るということになるので、自分が知識の無いのであれば、どうしても他人に頼らないわけにはいけませんし、頼る人に対しても信頼がおける人を選ぶこととなるでしょう。

ちゃんとした試験を受け、その試験に合格し、研修も受け、資格を得た人の言葉には説得力があります。
資産運用を行う人の多くは、自分が正しいのかどうかわからないまま行っているので、ファイナンシャルプランナーのアドバイスを求める人はかなり多く存在するでしょう。
そういう意味では、ファイナンシャルプランナーの将来性はかなり有望だといえます。

「ファイナンシャル・プランニング技能士」という国家資格としても確立したことで、その将来性は確固たるものになりました。
やはり、国家資格という国が保障する資格というものは、影響力も大きいですし、安定した需要が見込めます。顧客も無資格者よりも有資格者、民間資格より国家資格が世間に認められると思います。
今後更に資産運用が一般に広がっていけば、当然ファイナンシャルプランナーの数も増え、その職業は安定したものへと変わっていくでしょう。
今のうちに国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士を獲得しておけば、将来性豊かなお仕事を早い段階で行えます。

FP資格試験合格への道 > FPの概要 > ファイナンシャルプランナーの仕事内容