独立系ファイナンシャルプランナー

何処かの企業に属するのではなく、自分で事務所や会社を起こし、活動するタイプのファイナンシャルプランナーのことを独立系ファイナンシャルプランナーといわれています。
ファイナンシャルプランナーの試験を受けるに当たって、ほとんどの人はこちらを夢見て受験されてると思います。
自分が社長となって、様々なクライアントの相談に乗って、大きな報酬を得るというプランを持ちつつ、試験勉強に励んでいる人も多いかと思います。
ただ、そう簡単には行かないのが現実の厳しいところです。

独立系ファイナンシャルプランナーは、企業系ファイナンシャルプランナーと比較して自分の会社ですので自由度の高い仕事ができます。
資本提携がないので、どの企業のどの金融商品を薦めなければならないという縛りがないので、本当に自分のお勧めできる金融商品を顧客にも薦められます。情報量も含めて自分の能力の見せ所でもあります。
その時に発生するコンサルティング料も、企業系ファイナンシャルプランナーより多くもらえるでしょう。

しかし、独立系ファイナンシャルプランナーは全て自分で行うゆえの難しさがあります。
まず会社や事務所を起こした場合、その会社は完全に無名状態ですので、まず営業を行わなくてはなりません。
しかし、無名の会社が相談相手に選ばれるほど、世の中は甘くありません。
会社を軌道に乗せる時点で、かなり苦労する事になります。
どれだけ試験で優秀な成績を収めてファイナンシャルプランナーになったとしても、実際の仕事での実績がなければ、顧客はつかないのです。

大きなメリットとデメリットを抱えているのが、独立系ファイナンシャルプランナーの立場と言えます。
もっとも、ファイナンシャルプランナーとしての自分の理想像を具現化するならば、こっちの方が遥かに意に沿っていると感じられます。

FP資格試験合格への道 > FPの概要 > 独立系ファイナンシャルプランナー